読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M君(主人)について

私の主人、M君は優しくて無口。

だけど、話始めると止まらない時もある。


急にいそいそとDVDをセットし再生。食事中なので私も一緒に観ることになる。この時、何も言わないため内容は始まるまで分からない。突如、「アメトーーク」が始まる。1枚のディスクにすんごーい量を録画してらっしゃるンデスネ…。す、好きなんだ~…。
アメトーーク」は○○芸人達が、○○について熱く語る番組。例えば○○が仮面ライダーだとする。「へー、仮面ライダーて歴代でこんなにいるんだ」なんて、何気なくコメントしたら最後、スイッチがオンになり「いちばん最初がこいつで、次が○○で、俺が好きなのは4代目のブラック。こいつがねー、うんたらかんたら」
…ごめんなさい。いっさい頭に入りません(;・ω・)

まー、好きなことや興味あることはひたすら話してる。けれどM君は話の着地点がよく分からないことが多い。いつ終わるんだろう。出来たら私は、芸人さん達の簡潔明瞭な話が聞きたいので「うん、うん」と相づちを打ちながら、さりげなくDVDを巻き戻す。それでも話続けているときは、「ちょっと(この場面)観たい」と、一旦遮る。きりの良いところで、「それで、○○って?」促すと、再び楽しそうに話す。


また、ある時は私がキッチンで夕食の準備中、後ろに立ち、その日の出来事を延々話すこともある。「うん、うん」と相づちを打ちながら「後にしてくれないかな~」って思う。




でも…でも…(ノд<)プルプル


結婚して一緒に暮らし始めた頃は、さ~っぱりしゃべらなかったんですよっ!あの頃に比べたらすごい進歩で嬉しいんです。だから嫌ではない。


去年の10月は引っ越しやら入籍、その他手続きで忙しく必然的に話す。でも11月に入ると…
M君「…………」
私「…………」

何かしゃべらんかーい!((( ;゚Д゚)))


出会って結婚する6ヶ月の間、緊張しながらかなり頑張って話してくれていたけれど、まだ緊張してる?
私は、どうせ一緒にいるなら楽しく過ごしたい。それには会話が必然となる。
しばらくは、私から色々と話題を振ってみたけど、さーっぱり会話が弾まない。それどころか返事すら返ってこない事もあり、私の不満が溜まっていった。

「ねー。何で喋らないの?」
「まだ、ちょっと緊張して…」
「えーっ!まだしてるのっ?もー、隣にいるのはオッサンだと思えばいいよ(笑)」
「…いや、それは…」

初めはこんな感じ。



また別の日。無言のまま、夕食が10分経過した頃。

「ねー。何か話して」
「え…ーっと…」
「…」
「…………」
「あ、そういえば今日ね(だめだこりゃ)」



そうそう。前の記事で私の目標に

子供をポーンと産んで二十歳まで育てて自立させたらあとは自由だ。


と、ありました(`ー´ゞ

計画通り、すぐさま第1子を授かりまして、つわりとの戦いが始っていた頃でもあった。
私のつわりは、ずっと車酔いしてる感じ。何か口にしていたらマシだけど、とにかくきつかった。
それも重なって、余裕が無くなってたんだろうなー。

毎日、仕事から家に帰りつく頃、私の気分の悪さが最高潮になる。家事が手に付かず、ほぼ横になっている私の代わりに、慣れない(と、いうか1度もしたことがないらしい)料理を作ってくれた。洗濯もしてくれた。

あー…、何で私ばっかりしんどい思いしなきゃならないのよー…。せめて、何か話してよ。ちょっとは気が紛れるのに…。気持ち悪いー。うぇ…。

余裕がないと、ほんと自分中心になる。

M君だって、生活スタイルが変わり、慣れない家事だって一生懸命こなしてくれていたのに。





爆発しました。

感情が抑えきれずにM君に当たりました。


話しかけても返事が無かった、というのが原因で。

「何で、黙ってるわけ!?」

自分でも驚くほど、大声で怒鳴り付けた。
M君は下を向いて

「ごめんなさい…」

あ~っ!もうっ!

「謝罪じゃなくて、理由を聞いてるんだけどっ!」


少し離れた場所にいたM君は、いつもの場所(私の斜め横)にちょこんと座る。


座っただけ。
時計なんて確認してないけど、恐らく5分以上は黙って、ただ座ってた。


何かしら、言い分があるのだろうと待っていたけど、いい加減に気分が悪くなってきた…。
最近は、クレンジングやシャンプーの匂いも駄目で吐いた。今夜はお風呂も止めておこう…。12月で良かった。
「…もう、寝る。」


こんな日がしばらく続いた。(´д`|||)ヒェ~

あとですね、切迫流産と診断されまして安静の指示があり、仕事も2週間休みました。嫌なことは重なるもので、当時は賃貸アパートに住んでまして。壁が薄く、お隣の奥様がお子さんを叱る(というか感情的に怒ってる)大声が、毎日聞こえてきて。始めのうちは、子供さん3人だから大変なんだろうな、と思い我慢してたけれど…。

「うるさーい‼」

爆発が徐々に増える。このままではヤバい。


「隣の怒鳴り声がストレスだからしばらく、実家に帰って良い?(8割ウソ)」



年が明けて1月。
車で20分の場所に一時避難(。>д<)


ふーっ…。参った、参ったー。

実家では、同じ事を繰り返し話す父と、ややトンチンカン(能天気)な母が相も変わらず迎え入れてくれた。

そして、M君に対しての不満をプリプリぶつけ困らせてしまった。ゴメンナサイ(小声)



料理がキライ(しかもつわりで匂いが無理)な私にとって、3食付きの実家はパラダイスだったけど、世間体を気にする父に気を使い半月程でM君の元へ。



M君は、私がいない間も自分でお弁当を作っていた。えらい。私ならコンビニですませるけどなぁ。

見直したー!って、思ったけど、こちらも相も変わらず喋らない。(ノд<)フー…


あれ?M君、痩せた?
2ヶ月前は少しぽっちゃりしてたのに、ちょうど良い感じになってる。

「うん。10㎏減った。」


ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ!マジっすか!

…明らかにストレスだよ。どうにかしなきゃこのままではM君もヤバい~!


2月半ば。
相変わらず、気まずいままの夕食でイライラの私。
感情的になってはいけないと、頭では分かっていても、この日も爆発した。内容は忘れたけど、私の問いかけにずーっと黙ってるM君。

明日、仕事だし後片付けしなきゃ…。時間が勿体無い。


「片付けるから。何か言いたいことがあったら台所に来て。」
と、立とうとしたら

「…あの…俺がしゃべれないのは…。」


(゜Д゜≡゜Д゜)?

え?

座り直す私。じっと続きを待つ。



ゆっくりと小さな声で話してくれました。

中学の時、友達から投げられた言葉に傷ついてしまい、自信を無くしてしまったこと。その為、一時期いじめにあったこと。

話しながら、初めて涙を流したM君。

いじめられた経験なんて、私もあるけど、もう忘れた。その時は確かに辛かったし自分に自信を持てなかったなー。今となっては、とるに足らない事として私の中で処理してしまっている。

けれど、


何十年経ってもそれが出来ずに、トラウマになる人も居るのか。


…ん?
私は、M君の傷に塩を塗ってグリグリえぐっていたことになる(かも)。猛烈に反省しました。

「何でM君は喋らないんだろう?」
って疑問が解けたせいか、途端に胸がすーっとした。
イライラが嘘みたいに無くなった。

今、思えば目標を掲げて突き進んできたけど、新しい環境と初めての妊娠で不安だったのかもしれない。話を聞いて、大丈夫だよと言って欲しかった。…のかな?


まぁ、寂しかったんでしょうね(恥)


ともあれ、M君の告白をきっかけに私達は
割りと上手く行っている。冒頭参上。


後に分かるんだけどM君は、オジサンのくせに(私より2歳上なだけだが)、かなり純粋だ。今回、初めて涙を見て驚いたが、今後もまあまあの頻度で目にすることになる。


その話しも、また書こうと思います。


ここまで読んで頂きまして、ありがとうございます。

では、また(^o^)







彼氏のいない三十路女が6ヶ月で結婚する話。

二十歳から大阪に住んで十数年。

仕事もそこそこ順調。独身貴族だから稼いだお金は好きに使う。
パンツ一丁でビールを飲んでも、休みの日に一歩も動かなくても(生理現象は我慢出来ないため、トイレと冷蔵庫は例外)誰にも咎められない。


自由!


楽ち~ん(  ̄▽ ̄)


と、いったお気楽な生活をしていた三十路女。ひとりって最高。なんでみんな結婚するんだろう?既婚者ってだいたいご主人の不平、不満しか言ってないし、さぞや窮屈なんでしょう。結婚の何が幸せなんだ?て、思ってた。


ところがですよ…


とある7月の日曜日。朝7時きっかり。九州の父から着信あり。
休みのため、もちろん寝ている私。寝ぼけながら電話に出ると、

「お前、いい加減にしろ!」


怒られた( ̄□ ̄;)!!

「今すぐ仕事を辞めて、帰ってこい!こっち(地元)で結婚して出来たら近くに住め!」
てな、内容の話を延々20分。
「いいな!」



「…はい…」
折れました。

女性は結婚して子供を産み育てるのが当然。いつまでもひとりとは何事だ(いかず後家は恥だぁ)!て考え方。父はその典型。


別に結婚しなくてもさー、寂しくないしひとりでちょい贅沢に生活できるんだから良いじゃないのよー。必要性を感じないんだよね。結婚してない人生の先輩だってたくさんいらっしゃる。みんな、それぞれ楽しそうよー。



でも…



二十歳まで育ててくれた両親。贅沢ではなかったけど、不自由の無い生活。今、自分があるのは両親があってからこそ…。

親孝行できるのは親が生きてるうちだよ!って誰かが言ってた。


その通りだよなー(´Д`)


よっしゃ!帰って親孝行しよ。

大阪は楽しいけど、ここじゃなきゃ嫌!なんてこだわりもないし。住めば何処だって都だし。てか、二十歳まで住んでたし(笑)



すんなり決心できたのは、父の長年による刷り込みもあったと思う。実家に帰省するたび、判で押したように「早く結婚して子供を産め。出来たら近くに…以下略」「うん。そのうちね」と私。約10年程、繰り返された会話。



…うん。父からしたら、本当いい加減にしろ!だわ(汗)怒るよね。


で、仕事は引き継ぎやら何やらで無事退職し、翌年4月に地元に帰りました。


しかし、結婚しようにも相手がいなきゃ始まらない。まずは出逢わなければ。
それと同時に就職活動も。しばらくゆっくりしたらー?と、周りに言われたけど我慢出来ず、ハローワークへ。実はハローワークて初めて。ドキドキ(;・ω・)
面談?みたいなのがあって、職員の方(年配のおっちゃん)に「前の職場はなんで辞めたの?」何か鋭い顔で聞かれた。取り調べ?…こわい~((( ;゚Д゚)))
「父に帰ってこいと言われまして…」ありのまま答える。「あ、そうでしたかー。それはそれは!」と急に柔らかくなるおっちゃん。「お父さんはいくつ?私にも娘が…うんたらかんたら」


仕事のなさそうな田舎まちでも、資格のおかげで再就職もすぐに決まった。
これも父母に感謝。資格は絶対あった方が良いと学校に通わせて頂きました。

で。


父のことばかり書いてきましたが、ここで母が登場。


「あのね~、いい人がいるんだけど会ってみない?」
はい、出ました。お見合いー!(゜ロ゜;ノ)ノ
「うーん。会ってみる」
選択肢はあった方が良いと思った。

「写真とかある?」と聞くと「たしかあったよ。職場の旅行の時の」同じ職場の人で名前はM君てゆうらしい。
「ちょっと待っててね~。」探しにいく母。テレビを観ながら待つ。





…あれ、30分以上戻ってこないんですけど。
「なかったらいいよ…」母の居る部屋へ。「たしかあったと思うんだけどね~。あれ~?」母は少し(いや、かなり)トロい。前もって準備するとか何故しない?(-""-;)

「あっ、あった!」
ようやく見つかった模様。

どれどれ。
車内で3~4人の男の人達が笑ってる一番手前の人。歯並びが悪い。茶髪。お肌が荒れてる。

が、第一印象。はっきり言って「ないわー」と思った。

しかし、なーんの当てもないのが現状。動かなけりゃ始まらない。
当日、実際に会ったM君は、思った以上に無口で、おとなしい。チャラチャラしているより、ずっと良いけど。同席していたYさん(これまた同じ職場の方で母と友達。母はすでに退職してたので、連絡とって頂いていた)に言われるがまま、アドレスを交換する私とM君。


ま、脈があるなら連絡がくるでしょ。


2日後。LINEがきた。スタンプひとつ。
謎です(;・ω・)アラレちゃんに出てくる何とか君(名前忘れました)。

どうやら、ドライブか食事に誘おうと何度も内容を修正していたら、当時LINEに慣れていなかったため、間違えて押してしまったらしい。すぐ「スミマセン」てフォローがきた。その流れで会う約束をした。
今、思えば微笑ましいが、当時の私は「やっと連絡がきた。もー、ちゃっちゃと誘わんかい。」かなり上から目線。


だってね…結婚(相手がいる悦びやら安心とか)に対して何も期待していなかったし、体力があるうちにポーンと子供を産んで、二十歳まで育てて自立させたらあとは自由になるんだーーー!

といった目標だったもので。

そして、脈ありと察知し、M君と結婚するだろうなと思った。


M君は結婚願望があり、運よく私のことを気に入ってくれたので、その後の展開はあっという間だった。
8月、お互いの両親に挨拶し新居を探し…9月、式は行わない代わりに親族の顔合わせ(この時、姉の一家は東京から飛んで来てくれた。急ですまん)10月に引っ越し、そして入籍。
出会って6ヶ月で結婚した。


結婚してちょうど1年たった今、3ヶ月になる息子がおり、新居を建設中(12月完成予定)。
30過ぎまでダラダラと生きてきたけど、この1年と半年は人生のイベントを凝縮しまくっている。

明確に目標をかかげて、やるぞー!て決めたらカチッてスイッチが入ったみたいに物事が進んでいく。不思議。

あ、あれの御利益か?
いつだったかパワースポットに行った際、ブタのグッズ(キーホルダーか置物だったか思い出せない…)を買った。

トントン拍子~(  ̄▽ ̄)アハハ~

って、笑いながら買った。

ともあれ、彼氏のいない三十路女が、結婚願望が無くてもタイミングが合えば6ヶ月で出来ちゃうんですね。
両家の父母も、孫に会ったらデレデレして嬉しそうだし、それを見て私も嬉しい。帰ってきて良かったと思う。

M君(私もMさんになったけど)は優しいけど無口。すんごーい無口。これが原因で私達は一時期危なかった。けど、長くなるのでこの話はまた後に書くことにします。


ここまで読んで頂きありがとうございます。ではでは( ̄∇ ̄*)ゞ

家族の影響は大きいんだな~。

はじめてブログを書きます。

…何を書こう。

うーん。


うーん。


(トイレで、頑張っているわけでありません)


はじめてなので、簡単に家族の紹介をします。


私→30代。

夫→私より少し上の30代。

息子(ひとり)→生後2ヶ月。

3人家族です。


去年結婚したのですが、言いかえれば他人との同居ですね。内心、「めんどくせー」←こら!と思っていましたが、色々と刺激をもらうことが多く、1年が経過した今、以外と楽しいのです。


夫は「北の国から」をリスペクトしており、新居にDVDを持参していました。私は、それほど興味がなくお笑いのネタなどで、「ふーん、こんなシーンがあるんだ」程度の知識でした。

その知識も、だいぶ間違ったものと気付きましたが(汗)

ある時、「北の国から」のロケ地を巡る番組を2人で観ていたら、嬉しそうに私に説明する夫。急にそそられる私。


北海道は独身時代に数回、旅行したことがあります。函館や札幌、知床に釧路…。そういえば、富良野はまだでした!

行ってみたいな~。

北の国から」を知らなくても、それなりに楽しいでしょう。

でも、知っていたらより楽しいに決まってるはず。


よし!全部観てみよう!観るしかない!




と、言うわけで現在「北の国から」を観ており、感動の嵐、嵐、嵐です!( TДT)




あ~あ~あああああ~あ~♪
あ~あ~あああああ~~♪

るるる~♪



失礼致しました。




しかし、面白い!!


一気に観てしまいます!
残すところあと、2作品となってしまいました(えー、はやーい!)


私は、サスペンスやスパイものといった刺激的な作品が好きでした。
夫と結婚していなければ、おそらく観ることの無かったDVD。

北の国から」の他にも、夫の勧める映画やドラマをいくつか観ました。


なんだか、じんわり泣けて…そしてあたたかい気持ちになるのです。あまり無かった感情。

楽しければそれでおっけー!

私、阿呆丸出しで生きておりました。



相手を大切に想う。陳腐ですがそれに気付いたら、自己中心的な自分が恥ずかしく


夫から良い刺激を受けました。

家族って大切(* ̄ー ̄)



終わり。